妄想日記 その17『中二病ってなったことある?』

前回

 

koma2514.hatenablog.com

 

最近僕は昼夜逆転していた。

 

理由は…。

 

アニメ、2ch、動画視聴、ゲームetc…

 

まぁ、中学生、高校生にありがちだろう。

 

そのせいで授業中眠いったらありゃしない。

 

いや、早く寝ようという意識はあるのだよ?

でもさ、ゲームとかやってると気づいたら朝とかよくあるじゃん。

マスタード〇ゴン作れないまま寝るとかストレスたまるだけじゃん。

シュ〇ゲとか1話だけとか軽い気持ちで見たら気づいたら全話視聴しちゃったりさ…。

仕方ないよね?

 

だが今日は金曜日である。

学生はこの日をラグナログ(最終対戦)と呼ぶ。

この日を乗り越えたらヘブンなのだ!

苦を乗り越えた先には幸せが必ずある。

だから人々は頑張れると思うのだ。

僕は戦の準備をしてテリトリーを出た。

 

今日の時間割は

1、武器のウェポン(工芸)

2、ブリーフィング(ホームルーム)

3、レーションの配布(家庭科の調理自習)

4、データ収集(歴史の調べ学習)

5、マシンガン戦(数学の問題集をひたすらとく)

6、ラグナログ(体育のドッチボール)

7、エンドオブウォー(終礼)

 

結果は…。

 

ビクトリー。

この最終対戦を生き延びたのだ。

万歳万歳。

僕は颯爽とバトルフィールドから離脱した。

 

最後に一つ。

中二病とは、英語やら専門用語を多用に使いたくなったり、銃や剣などに興味を持ったりする病気である。

つまりだ、この男は中二病に目覚めてしまったのである。