C言語学習 その2

どうも。

 

こま兎です。

 

C言語学習久々ですねー。

 

ま、まぁメインはアニメのぶろぐですから・・・。

 

前回は環境構築について学んだと思います。

 

今日はその続きを学んでいきたいと思います。

 

1  #include<stido.h>

2        

3         void main(){

4                   printf("hello world\n")

5                  }

 

表示結果

   hello world

これがC言語の基本の形となります。

まぁ、このプログラムを簡単に説明するとhello world という文字を表示しろ」ってことです。

 

それでは細かい説明をしていきたいと思います。

 

まず1行目ですが、これはファイルの指定です。

あとからいろいろな形のファイルが出てきますが最初は基本この形です。

今はそういうものなんだなぁくらいに思ってくれたら大丈夫です。

後にわかるので今は深く知らなくても全然大丈夫です。

 

3行目はメイン関数と呼ばれる部分になります。

これも上と同様でこういうものなんだと思ってくれたら大丈夫です。

 

4行目は指令の部分です。

ここでhello worldを表示してください」といってます。

そういう風に指令するにはprintfという関数を使います。

注意!かならず「("")」のなかに書いてください。

ここで\nとはなんだ?と思ってる人もいると思います。

これはここで改行してくださいという意味です

 

「("hello \n world")」とかいたら

 

   hello

           world

 

となります。

 

今回はこの辺で。

 

それではまた明日。